国指定重要文化財 八千代座 公式ホームページ

歴史

国指定重要文化財「八千代座」の歴史的背景

こけら落とし当時の八千代座
明治四十四年 こけら落とし当時の八千代座
 八千代座は、明治43年に建築の江戸時代の伝統的な芝居小屋の様式を今に伝える芝居小屋です。山鹿の商工会が劇場組合を作り、1株30円の株を募って建てたものです。

 八千代座を設計し、工事監督をしたのは、回船問屋の主人で灯籠師でもあった木村亀太郎です。建築には素人でしたが、研究熱心で東京の歌舞伎座や各地を見学、さらには上海に渡り洋式工法の長所も取り入れました。

 昭和40年代になると庶民の娯楽が多様化し、八千代座は時の流れの中に取り残されていきます。
 閉鎖状態が続き老朽化が進む芝居小屋。朽ちかけていく八千代座に一番心を痛めたのは、華やかだった頃を知るお年寄りでした。老人会は、「瓦一枚運動」で募金を募り、屋根瓦を修復。この運動に刺激を受けた若者も、復興へ向けての様々な活動を始めました。

 その後昭和63年 国重要文化財に指定されました。

 平成2年から市民の手づくりで行われた「坂東玉三郎舞踊公演」では、明治の芝居小屋:八千代座が創り出す空間のなかで、華麗に舞う玉三郎丈の舞台のすばらしさに観客は魅せられ、この公演が復興への大きな追い風となり、八千代座の名前を全国に広めることになりました。

 平成8年より「平成の大修復・復原」が始まり平成13年完了し、今に至ります。
 

八千代座の変遷の歴史

第Ⅰ期 〔建設時〕 明治44年1月、こけら落としの時の姿(1911年)明治43年の初夏に着工されたようです。同年10月17日上棟式、年末に竣工。
第Ⅱ期 〔全盛期〕 大正12年増築工事が完了した時点の姿(1923年)喫煙室の増築が主体で、大正10年の法律改正で、喫煙室の設置が義務づけられたために行った。大正9年に着手し、同12年に完了。
第Ⅲ期 〔衰退期〕 昭和30年代映画館に改造された頃の姿(1950年代)映写室を設けて映画館になる。建物のあちらこちらを小改造する。昭和40年代頃からは、廃屋同然となる。
第Ⅳ期 〔復興期〕 昭和62年市民の寄付を基に復興が始まる。八千代座組合が八千代座を市に寄付。
現在は, 第Ⅱ期に復原されました。

お問い合わせ

八千代座
〒861-0501 熊本県山鹿市大字山鹿1499番地
電話:0968-44-4004 
ファックス:0968-41-7110

Translate »