国指定重要文化財 八千代座 公式ホームページ

見学

八千代座及び夢小蔵資料館見学料

見学ツアー 所要時間:40~45分程度
「八千代座」館内と「夢小蔵」(資料館)ツアーを実施中です。
スタッフが説明をしながら案内いたします。
お一人様から団体様まで、詳細はお問合せ下さい。

別表第1(第8条関係)
区 分 1人 団体(15人以上)1人
八千代座及び
資料館見学料
一般 520円 420円
第8条第1項本文の規定により八千代座を見学できない場合(資料館夢小蔵のみの見学) 210円 168円
小学生・中学生 260円 210円
第8条第1項本文の規定により八千代座を見学できない場合(資料館夢小蔵のみの見学) 100円 84円
共通入館料 一般 630円 500円
小学生・中学生 310円 250円

備考

  1. 一般とは、小学生・中学生以外の者で満15歳以上のものをいう。
  2. 共通入館料を納付した者は、八千代座及び資料館を見学するとともに山鹿灯籠民芸館に入館することができる。
  3. 団体料金の額を計算するに当たり、見学料に団体人数を乗じて得た額に10円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。

見学ツアーへ ようこそ  見学ツアー風に写真と文章で簡単にご紹介します。

夢 小 蔵:所用時間 約15分
まずは「受付」を「夢小蔵」窓口で。

「夢小蔵」(八千代座より古い建物です)で山鹿と八千代座、坂東玉三郎舞踊公演の紹介や、歴史を支えてきた小道具、資料などご覧ください。


八千代座見学:所用時間 約30分
「八千代座」の「木戸口」を通れば100年前へタイムスリップしたかのよう・・・

「枡席」にお座りいただき、舞台をはじめ周りを見渡して下さい。


四角に区切られた枡席

廻り舞台から客席
100年前の芝居小屋には不思議や疑問もたくさんあるはず。

  • 「テケツ」とは何でしょう?
  • 「花道」とは何でしょう?
  • 「廻り舞台」とは何でしょう?
  • 「枡席」には何人座れるでしょう?
  • 「上手・下手」とは何でしょう?
  • 「特等席」はどこでしょう?
  • 「すっぽん」とは何でしょう?

その他、色鮮やかな天井絵やまだ町に電気がなかった頃の
「シャンデリア」のお話などしっかりご案内します。


素朴で、時代を感じられる「楽屋」
さらに見学は奈落(の底)へと続き
「廻り舞台」や「迫り」の下へ・・。

そして「すっぽん」の構造などご覧いただきます。
奈落の出口は何処でしょう?
最後は、自由に館内見学となります。
国指定重要文化財の芝居小屋を存分にご見学ください。

明治四十四年 こけら落とし当時の八千代座
お問い合わせ

八千代座
〒861-0501 熊本県山鹿市大字山鹿1499番地
電話:0968-44-4004 
ファックス:0968-41-7110

Translate »